青野竜介の勉強日記

統合失調症を患いながらも日々勉強の毎日を続けています。時にはグルメレポートや健康に関する記事も書きます。よろしくお願いします。

ヨーグルトメーカー

 ヨーグルトメーカーを買いました。

 ヨーグルトができる仕組み

 この機械は市販のカップヨーグルトを買ってきて牛乳と混ぜてセットするだけで、ヨーグルトが作れてしまう便利な機械です。もともとヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えて発酵すると作れるみなさんご存じお腹に優しい発酵食品なのですが、そのヨーグルトと牛乳を混ぜ合わせると作るというか、ヨーグルトの体積が増えます。

 

 乳酸菌が発酵するのに最適な温度で8時間おくと牛乳の栄養を食べてもとからあったヨーグルトの乳酸菌が増殖するのです。ヨーグルトの賞味期限は数日で切れてしまうので気を付けましょう。

 

 毎日食べる人は、なんとひと手間加えるだけで1週間で2000円もお得なのです!

 

食べてみた

 

 味は砂糖抜きの素のプレーンヨーグルトの味がします。上にシロップをかけて食べるとおいしいでしょう。

 

 こんな味です。私は、上にてんさいオリゴ糖シロップをかけて食べています。てんさいオリゴ糖シロップは腸で吸収されず乳酸菌の餌になるまさにスーパーフードなのですが、砂糖と同じくらい甘いのです。

 

他の使い方

 私が愛用していたハチミツが固まってしまったのですが、その固まったハチミツを入れて50度で3時間あたためると、トロトロのもとの状態に戻すことができます。ヨーグルトメーカーを使わないでハチミツを溶かすには60度のお湯で湯せんして30分まつのですが、火をつかって危ないですよね。その手間がこのヨーグルトメーカーで省けるのです!それをヨーグルトにかけて食べると2倍おいしいです!

 

 ほかにも納豆やキムチも発酵食品なので試してみると面白いでしょう。

 

 ご精読ありがとうございました。